柏市「ケアラーズ&オレンジカフェみちくさ亭」参加レポート

0

     

    柏市藤心にある「みちくさ亭」は、町はずれの一軒家カフェです。

    東武野田線・逆井駅から緩やかな丘を田園地帯に向けて降りていくと、

    田んぼの海に突き出した岬のような土地にあります。

    この家屋はもともとオーナー・布川佐登美さんのお母様が暮らしていたお宅で、

    布川さんはここに遠距離で通いながら認知症介護をされていました。

     

     

    自身の体験から介護者の交流・息抜きの場所が必要だと感じた布川さんが

    この場所で千葉県初となるケアラーズカフェを開いたのは2013年。

    はじめは野菜の販売所をしながら手伝ってくれる仲間を募り、

    皆さんの協力を得ながらランチを提供するスタイルを続けています。

     

     

    この日のランチはとりつくねの串焼きとコーンのかき揚げなど、

    地元野菜をふんだんに使った料理の数々でした。

     

     

    食事の後、これらの野菜が収穫される「みちくさファーム」を見学させていただきました。

    なす、きゅうり、ゴーヤ、ピーマンなどの畝が並びます。

    畑とコミュニティカフェという組み合わせは最近増えてきましたが

    みちくさ亭はそのはしりだったといってもいいでしょう。

     

     

    みちくさ亭で大きな示唆をいただいたこととしては「カンパ箱」。

    このような募金形式でもなかなか心強い額が集まるそうです。

    非営利カフェにとって用途を自由にできる自主財源はとても大事なお金なので

    他のカフェでも試しに置いてみたらいかがでしょう。

     

     

    布川さんに今後の目標についてお聞きすると、

    まず「当事者のお話をじっくり聞ける時間をつくること」とおっしゃいました。

    昨年度、市の委託でもう一か所の定期開催カフェの運営を引き受けたみちくさ亭ですが、

    限られた時間では行政から求められるプログラムをこなすだけで精いっぱいとなり、

    当事者の方たちのお話をよく聞けなかったという心残りがあるそうです。

     

    もうひとつは「地域に出て、溶け込んでいくこと」。

    もともと地元ボランティアの多いみちくさ亭ですが、

    さらに今後はお祭りに参加したり、より地域に密着していきたいと考えているそうです。

     

     

    布川さんは千葉県認知症&ケアラーズカフェ連絡会の中心人物でもあり、

    日々、新たな課題を見つけては解決していこうという努力を続けていらっしゃいます。

    長きにわたるフロントランナーである布川さんとみちくさ亭の

    新しい挑戦から目が離せません。

     

     

     

    「ケアラーズ&オレンジカフェみちくさ亭」

    開催日時:毎週火曜・毎週水曜・毎週木曜、11時から17時まで

    開催場所:柏市藤心1-29-12

    参加費:実費

    問い合わせ:04-7138-5032

     

     

    NPO法人ケアラーネットみちくさ

    http://michikusa-net.com

     

    千葉県認知症&ケアラーズカフェ連絡会

    https://chiba-dc-cafe.jimdo.com

    AD3


    館山市「認知症カフェ つむぎ」参加レポート

    0
      
      
      千葉県館山市の認知症カフェ「つむぎ」にお邪魔してまいりました。
      こちらは以前よりフェイスブックで活発に情報発信されており、
      その様子を興味深く拝見していたカフェです。
      

       

      
      大きく、立派な一軒家を改装し、カフェの会場としています。
      認知症カフェとしては月曜と金曜にオープンしていますが
      火曜は麻雀、水曜は書道教室など、様々な地域の取り組みが行われる場所でもあるそうです。
      

       

       

      お昼時に伺うと、厨房では女性陣がフル回転していました。
      「つむぎ」のランチはスペシャルでした。
      優しい味つけの手料理でありながら、大変完成度が高く、 
      通常のレストランでもなかなかこの水準の料理には出会えないでしょう(しかも 500 円)。 
      ランチご希望の方は必ず電話で予約をお願いします。

       

      
      気候温暖な館山市は、リタイア後に新しく移住してくる人々が多いそうで、
      この日お話を聞いた中にはそういう方が何人もいらっしゃいました。
      館山市にもとから暮らす方たちと、新しく引っ越してきた新住民との
      交流の機会にもなっているのが「つむぎ」なのだそうです。
      

       

      
      この日の午後は皆さんでひなまつりに向けた準備が行なわれました。
      男性たちが二階から大きな箱を下ろしてきて、
      女性たちが手際よく人形を並べていきます。
      

       

      
      
      広い和室によく映える立派なひな段ができあがり、
      思いがけず春の予感を満喫させていただきました。
      認知症の方と一緒の小旅行などに「つむぎ」のような場所はいいかもしれないですね。
      

       

       

       

       

      「認知症カフェつむぎ」
      開催日時:毎週月曜・金曜(祝日の場合は休み) 10 時から 16 時

      開催場所:千葉県館山市正木1327-1
      料金:300 円(飲み物付き)、ランチ 500 円(要予約)

      問い合わせ:0470-27-5136(オープン時間内)、0470-36-2515(それ以外の時間帯)

      ホームページ:http://cafetsumugi.com/

       


      柏市「ほくほくカフェ」現地レポート

      0

         

        柏市北部地域包括支援センターが主催する「ほくほくカフェ」は

        セブンイレブンと協力関係を築いているという点でとてもユニークな事例です。

         

        具体的には半年に一度の認知症カフェの日に

        参加者の人数分のコーヒー(スタッフ分は遠慮しているとのこと)を

        隣接するセブンイレブン柏の葉キャンパス店が用意してくださるとのこと。

         

         

        2015年に柏市がセブンイレブンジャパンとの間に

        高齢者の地域における見守り活動に関する協定を結んだタイミングで、

        地域包括の方から認知症カフェの運営について協力を打診したのがきっかけだそうです。

         

         

        写真でご覧いただけるように柏北部地域包括支援センターと

        セブンイレブン柏の葉キャンパス店は同じ敷地をシェアするように立地しており、

        双方の担当者に交流があったことで話が通じやすかったのかもしれません。

         

        柏市のように民間企業と高齢者見守りに関する協定を結んでいる自治体は他にも多いので、

        (セブンイレブンは柏市の1年前に千葉県と同じような協定を結んでいる)

        このような取り組みが広がっていくといいですね。

         

         

        「ほくほくカフェ」

        開催日時:年2回(次回は12月24日13時30分から)

        開催場所:柏市十余二363-15

        問い合わせ:04-7140-8818



        ブログ内検索

        AD1

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        AD2