飯能市「ひだまりカフェ ロックガーデン」参加レポート

0

     

    飯能市の最も山間のエリアで開催されるのが「ひだまりカフェ ロックガーデン」です。
    10年ほど前にこの地で営業を開始した「ロックガーデンカフェ」を会場とし、
    2015年より地域包括支援センターはちまん町と地元ボランティアのみなさんによって運営されています。

    マクドナルドやウエルシアなど民間企業と連携するカフェが特徴的な飯能市ですが

    このロックガーデンが民間との協力事例第1号(ひだまりカフェとしては2例目)なのだそうです。

     

     

    オープンは午前11時からということですが、
    電車の都合で少し早めに到着したところスタッフミーティング中。
    その間、マスコットドッグの二匹と遊んでもらいました。

    全然吠えない、いい子ちゃんたちでした。

     

     

    12時少し前になると、近所のお年寄りたちが歩いてやってきます。
    どこから来るかというと、こんな坂の向こうにある集落からとのこと。

     

     

    少し歩いてみましたが、斜度20%を超えそうな激坂。
    高齢者の足にはかなり厳しそうです。
    実際、帰りはボランティアのみなさんが車で送っていくこともあるのだとか

     


    柔らかいパンを使った特別ランチをいただいて
    少しおしゃべりしたり休憩ののち、
    隣の部屋へ移動して体操を行います。

     

     

    重りを腕につけたり、筋トレの要素も取り入れています。

     


    地域のみなさんにお話を聞いて面白かったのは、
    かつては支流の川でももっと水量があり、
    ちょっと堰き止めただけで子ども用のプールが作れたし、
    お風呂にも毎日入っていたというエピソード。
    森林資源と豊富な水に恵まれた土地だったということですね。
    今でも水道がなく、井戸水で暮らせている方がいるのには少し驚きましたが。

     

     

     

    「ひだまりカフェ ロックガーデン」

    開催日時:毎月第1水曜・第3水曜 11時から16時ごろまで

    開催場所:飯能市吾野493-1 ロックガーデンカフェ

    問い合わせ:042-975-3011

    AD3


    飯能市「ひだまりカフェkinoca」参加レポート

    0


      飯能市でも秩父に近いエリアである吾野地区に

      地元の材木を使って建てられたカフェ「kinoca」はあります。
      2016年1月のオープンからまだ1年たっていないので店内にはまだ木の香りが漂います。

       

      この「kinoca」で毎月最終月曜に認知症カフェが行われています。
      特にプログラムはなくそれぞれがケーキセットなどを注文し話に花が咲きます。

       

      kinocaで出されるケーキは全て手作りとのこと。
      しかもできるだけオーガニックな材料を使うなど身体にも配慮されています。

       


      またランチの種類も豊富なのですが社長自ら手打ちをするという蕎麦がすっかり名物だそうです。

      (それを聞く前にわたしはkinocaカレーを食べてしまいました)

       


      もともと人口が少なく、また高齢者の移動手段が限られている地域であるため、

      送迎を行うなど来場者を増やす方法を今後検討しなければいけないそうです。

      でもこういう地域にこそ認知症カフェは必要とされているということがよくわかりました。

       

       

      「ひだまりカフェkinoca」

      開催日時:毎月最終月曜 14時から16時ごろ 

      開催場所:飯能市虎秀36‐4 雑貨&カフェ kinoca(きのか)

      問い合わせ:042-975-3011

       

       


      飯能市「ひだまりカフェくつろぎ」参加レポート

      0

        マクドナルドでの認知症カフェなどユニークな取り組みが続く飯能市に

        新しい認知症カフェがオープンしました。

        会場となるのは飯能市北東部に位置する飯能老年病センター。

        長く認知症ケアに取り組んできた平成9年開院の内科・精神科の病院です。

         

         

        初回である今回は地域の方々で満席となりました。

        院長先生による認知症レクチャーを含む挨拶につづき、

        飯能市の介護福祉課長も挨拶されましたが、

        本当に飯能市は市役所も熱心で、

        カフェの場で課長さんにお目にかかるのは3回目です。

         

         

        作業療法士の方による座ったままできる体操のあとカフェタイムとなり

        のれんのついたカウンターから病院スタッフのみなさんが飲み物を提供してくださいました。

         

         

        終盤には沖縄三線(独学とのこと)の演奏が行われ、

        残っていたみなさんで「涙そうそう」を合唱するなど大変盛り上がりました。

         

         

        精神科病院は認知症ケア最後の砦として頼もしい存在である一方、

        一般的にはまだまだ敬遠される感情が残っています。

        こういった認知症カフェの取り組みを継続することで

        相談しやすい場所としてわかっていただけるようになるといいと思います。

         

         

         

        「ひだまりカフェくつろぎ」

        開催日時;第4木曜 14時から16時 

        開催場所:埼玉県飯能市下加治147番地 飯能老年病センター

        問い合わせ:042-971-3172(飯能市地域包括支援センターさかえ町)



        ブログ内検索

        AD1

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        AD2