日進市「神明ほっとカフェ」参加レポート

0

    ※取材の結果、こちらの事例は「認知症カフェ」ではないことがわかりました。

     

    日進市の「神明ほっとカフェ」を拝見してきました。
    別件があり愛知県に参りましたが午前9時から始まるという朝の早さのおかげで
    冒頭1時間だけ参加することができました。

     


    こちらの特徴は神社の社務所で開催されるということです。
    近くに公共施設がないとのことで地域の会合などでもよく使用されるそうですが
    公民館などより利用料は少し高いとのことでした。
    ちなみに社務所は神明神社の持ち物ですが予約の管理などは市を通して行われているようです。

     

     

    運営の中心は民生委員さんたちで、2015年5月にはじまりました。
    みんなでお茶を飲んでおしゃべりをし、脳トレや「にっしん体操」をしたりするそうです。
    この日は参加者の誕生会も用意されていました。

     

     

    こちらがはたして「認知症カフェ」かどうかということを
    主催の方や参加者の何人かの方にお聞きしてみましたが、
    「そうではない」という説明をいただき了解してまいりました。

     

    日進市のほっとカフェ事業はこれまで認知症カフェの一種として一覧表に載せていましたが、
    訂正させていただくとともに、愛知県認知症カフェ一覧表から情報を外すことにいたします。

     

     

    神明神社から日進駅に戻るのにちょっと距離があるのでタクシーを呼びましたが、
    その運転手さんが地元の方で、奥様がほっとカフェに毎月参加しているとのお話をお聞きしました。
    神明神社のある地区は行事が多く、地区住民が集まる機会はとても多いとのことです。

     

    今回「神明ほっとカフェ」は認知症カフェではないということになりましたが、

    このような人間関係が密な地域をあらゆる街で作っていくことが

    認知症カフェという取り組みの目指すところでもあるという示唆を得ることができたと感じます。

     

     

     

    AD3



    ブログ内検索

    AD1

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    AD2