東京都江東区「認知症カフェ『ラウレア』」参加レポート

0

     

    東京都江東区に「終活」をコンセプトにしたカフェがあり、

    そこで月一回認知症カフェが行われているというので、参加させていただきました。

    こちら「ブルーオーシャンカフェ」はハワイをイメージしてコンセプトデザインされており、

    インテリアだけでなくメニューまで常夏のリゾート感にあふれています。

     

     

    もともとはクルーズ船を運行する会社が、海洋散骨の事業に取り組みはじめ、

    さらに終活を考えるための場所として2015年2月にカフェをオープンさせたという経緯だそうです。

    ただしそういった事業の紹介は一切押し付けがましくなく

    お店の一隅に資料などがディスプレイされているだけ。

    だれでも安心して通ってもらいたいという心遣いを感じます。

     

     

    毎月第2水曜を「認知症カフェ『ラウレア』」と名付けたのは2016年4月から。

    午前11時から午後5時までという長いオープン時間となっています。

    基本的には参加者同士がお話しをするお茶とランチの会ですが、

    8月からはウクレレ演奏会やミニレクチャーが行われる構成になっています。

    開催中は出入り自由なので都合に合わせて午前でも午後でも参加することができます。

     

     

    様々な専門家やプロフェッショナルが関わる場としても

    まだまだたくさんの可能性を持つ「ブルーオーシャンカフェ」。

    地域の皆さんには大いに活用していただきたいですね。

     

     

    「認知症カフェ『ラウレア』」

    開催日時:毎月第2水曜 11時から17時 

    開催場所:東京都江東区住吉2-2-4「ブルーオーシャンカフェ」

    最寄駅:都営新宿線・半蔵門線「住吉」駅 A1出口 徒歩2分

    問い合わせ:03-6659-6537 

    HP:http://blueoceancafe.tokyo/



    ブログ内検索

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM