国立市「認知症カフェ」参加レポート

0

    東京都国立市の「やがわデイサービスセンター」で開催されている

    認知症カフェに参加させていただきました。

    こちらは2012年3月に始まった国内でも最古参のカフェの一つです。

    もともとは地元でクリニックを営んでこられた新田國夫医師が、

    オランダのアルツハイマーカフェをモデルに始められました。

     

     

    参加させていただいたカフェは第53回目。

    前半は講師の方によるミニレクチャーがあり、そのあとはお茶を飲みながら

    テーブルごとに話し合いが行われるという二部構成になっています。

    話し合いといっても参加者同士は顔見知りも多いようで、

    楽しい会話でいつものように盛り上がってるという印象でした。

    この日は茶菓の他にどなたかが作ってこられたという手作りのパンも振舞われていました。

     

     

    こちらのカフェでも初期の頃はミュージシャンによる楽器演奏など

    いろいろなプログラムがあったらしいのですが、

    勉強熱心な介護家族の参加が多かったという理由で

    講義と意見交換が中心になってきたということです。

    先行した認知症カフェが辿る内容の変遷というのは他のカフェにとっては大変参考になる情報だと思います。

     

    今回特別にこれまでのミニレクチャーのタイトル一覧をいただきましたので

    掲載させていただきます。(大変貴重な情報ありがとうございます)

    日  程 講話内容
    1 平成24年3月4日 認知症とは・・・?
    2 4月1日 認知症に関するお話〜国立市の認知症施策の課題〜
    3 5月6日 介護家族の健康管理
    4 6月3日 訪問看護の役割
    5 7月1日 介護保険サービスの種類
    6 8月5日 熱中症について
    7 9月2日 認知症疾患医療センターについて
    8 10月7日 ご存知ですか?薬剤師の在宅訪問!
    11月4日 インフルエンザの予防
    10 12月2日 お口の健康管理
    ・お口の中が不衛生だとどうなるの?
    ・自分お口の中を理解しよう(実習あり)
    11 平成25年1月13日 ノロウイルスについて
    12 2月3日 ハートフルレシピ〜栄養剤や残り物で美味しく介護食を作る一工夫〜
    13 3月3日 成年後見制度って、どんな制度?〜誰が利用できるの、どこに相談するの〜
    14 4月7日 国立市高齢者サービスについて
    15 5月12日 高齢者を理解する〜気持ちに添った介護をするコツ〜
    16 6月2日 脱水予防・熱中症対策
    17 7月7日 アロマテラピー 植物で心も体も健康に
    18 8月4日 訪問リハビリって、どんな事をするの?
    19 9月1日 介護に役立つコミュニケーション方法
    20 10月13日 楽しく体を動かそう〜認知機能に効果のある体操〜
    21 11月10日 インフルエンザを予防しましょう
    22 12月1日 介護のストレスを乗り切る方法〜ポジティブ心理学から考えよう〜
    23 平成26年1月12日 「くにたち在宅療養ハンドブック」を活用して、安心な毎日を!
    24 2月2日 ケアマネジャーとは?
    25 3月2日 グループホームにおける認知症ケア
    26 4月6日 消費者被害と成年後見制度について
    27 5月11日 認知症と成年後見
    28 6月1日 認知症の対応について
    29 7月6日 熱中症予防
    30 8月3日 ご存知ですか?小規模多機能型居宅介護
    31 9月7日 ケアマネジャーの仕事
    32 10月5日 認知症の人とのかかわり
    33 11月9日 認知症の人とのかかわり
    34 12月7日 救急時の対応について
    35 平成27年1月18日 在宅療養〜居心地のいい場所で安心して生き抜くために〜
    36 2月1日 認知症とリハビリについて
    37 3月1日 音楽で愉しむ
    38 4月5日 運動で介護予防そして認知症予防
    39 5月10日 高齢者の物忘れと認知症の違い
    40 6月7日 認知症の診断と治療について
    41 7月5日 後見人について
    42 8月2日 心地よい付き合い方
    43 9月6日 住みなれた場所で生ききるために
    44 11月1日 高齢者が楽しく食べる
    45 12月6日 すこやか健康長寿カレンダーの活用
    46 平成28年1月17日 聞いて得するくすりの話
    47 2月7日 認知症とともによりよく暮らすために
    48 3月6日 心もカラダもバランス良く
    49 4月3日 くにたち在宅療養ハンドブックについて
    50 5月8日 認知症対応型サービスとケア
    51 6月5日 あらためて認知症を考える〜みんなで話し合って方策を考えましょう〜
    52 7月3日 これからの認知症の薬について
    53 8月7日 役に立つよ!!訪問看護は

     

    このような先進的な認知症カフェを立ち上げられた新田医師ですが、

    ご自身では医師が認知症カフェに関わることについて

    「必要ないのではないか」と語っていることは大変示唆に富みます。

    ( 朝日新聞CSR推進部編『認知症カフェを語る』p103 より )

     

    新田先生のお考えを要約すると認知症カフェは「社会的互助」の場であり、

    その場合、医師や医療機関との連携は必要不可欠のものではないということのようです。

    前述の書籍によれば、認知症をとても理解したスタッフに任せている、となっています。

    もしかしたら新規に認知症カフェを立ち上げようと新田先生のもとに相談に来られる事例の多くが、

    いかに医療との連携を実現するかに腐心しすぎていて、

    あえてそうおっしゃっているのではないかとも想像します。

     

    他にも地域ケア会議の運営についてや認知症初期集中支援事業についてなど

    国立市と新田先生のつくし会の取り組みは大変先進的であり、

    もっといろいろ勉強させていただきたいと感じる次第です。

     

     

    「認知症カフェ」
    開催日時:第1日曜 13時30分から15時30分

    開催場所:東京都国立市富士見台 4-8-2 やがわデイサービスセンター

    問い合わせ:042-569-6213

    備考:参加希望者は事前にお問い合わせください

     

    ※当初掲載した連絡先電話番号に誤りがありました。上記内容が正しい番号です。

    AD3



    ブログ内検索

    AD1

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    AD2