市原市「認知症カフェ かさね」参加レポート

0

     

    千葉県市原市の「認知症カフェ かさね」にお邪魔してきました。

    フェイスブックなどでの情報発信を盛んにしていることで知られ、

    遠くからも見学者が訪れる有名認知症カフェです。

     

     

    「かさね」といえばこの広い和室。

    この日も団体の見学者がバスで来ていました。

    ちなみに人がいないとこのような感じのお部屋です。

     

     

    この広い空間で笑いヨガや各種勉強会を開催するのが「かさね」の特徴であり、

    いわば「表の顔」と言いましょうか。

     

    こちらとは別に、「裏の顔」と言うと語弊がありますが(笑)、

    この隣の部屋に「もうひとつのかさね」があります。

     

     

    それがこちらのテーブルが置かれた広い洋間。

    スタッフやボランティアの方、そしていわゆる常連さんたちも

    いつもはこちらにいらっしゃっています。

     

    和室に大勢が見学に来ていても、

    「今日は賑やかだね?」

    「東京から来たみなさんだそうですよ」

    と、まるで別な時間が流れているよう。

     

     

    常連のみなさんはだいたい午前中に来て昼ご飯をいただき、

    午後14時半くらいまで何をするわけでもなくのんびりと過ごすのだそうです。

    この日は「いままでいくらの宝くじが当たったことがあるか」という話題などが、

    とりとめもなく続いていました。

     

     

    午後、隣町のデイサービスから来訪した認知症当事者を含むみなさんが、

    明るい庭に面した席でコーヒーを楽しんでいかれました。

    短い滞在でしたが、かさねスタッフ・常連陣との別れが寂しかったのか、

    帰り際に涙を見せる方までいらっしゃったのが印象的でした。

     

    「かさね」のみなさんが作り出すホスピタリティ溢れる居心地の良さには、

    参考にできることがたくさんあると感じました。

    ぜひ「静」と「動」、どちらの雰囲気も味わっていただきたいと思います。

     

     

     

    「認知症カフェ かさね」

    開催日時:毎週火曜・木曜・土曜、10時から15時
    開催場所:千葉県市原市玉前1308-2
    問い合わせ:0436-21-3733

     



    ブログ内検索

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM