横須賀市「らんらんCafe」参加レポート

0

    8月の毎週土曜日に開催

    今回ご紹介するカフェは横須賀市の「らんらんCafe」です。京浜急行「浦賀」駅から歩いて1分の、海を思わせるオシャレなカフェ「Cool Clan Cafe Uraga」で、今年8月の毎週土曜日に行われています。

     

    おおやかな雰囲気でハプニングも気にしない

    実はこの日はハプニングが。お店の方との連携ミスで鍵を開けることができず、しばらく待つことになりました。すると「このまま外ではじめちゃいますか」と楽器陣が何曲か演奏し始めます。すぐに鍵を持った方が駆けつけ、無事オープンしましたが、図らずもカフェのおおらかな雰囲気がよくわかるエピソードとなりました。

     

    「RUN伴」と「認知症フレンドリーよこすか」

    「らんらんCafe」は「RUN伴」の「らん」と、「Cool Clan Cafe」の「らん」からとったネーミングです。もともとは「RUN伴」のPRイベントを企画していたそうですが、横須賀で認知症について主体的に考える有志の集まり「認知症フレンドリーよこすか」で主催のカフェをやってみようというアイデアが出たそうです。

     

    おしゃべりが主体のカフェ

    「らんらんCafe」は基本的に参加者同士のおしゃべりが主体のカフェです。人懐っこい中心メンバーの皆さんがテーブルを回りながら会話を盛り上げ、誰もが楽しめるよう雰囲気を作ります。途中からでも入りやすいので、あとから「どうもどうも」とやってくる人もたくさんいました。

     

    誰もが自然体のカフェ

    最後の30分ほどで、映像の投影や、音楽演奏などが行われました。その際、認知症と診断されているという方が何人か出ていらしたので、「らんらんCafe」に当事者の方の参加がとても多いということがわかりました。みなさんありのままに、自然体で、とても楽しそうに参加されていました。

     

    「その人を中心とする」人の輪

    この横須賀市から三浦半島にかけては、生活に近い場で行われる認知症ケアについて、「その人を中心とする」卓越した取り組みがいくつも見られる地域です。元サーファーだった若年性認知症の方を囲む海の仲間たちの集まり「ナミ・ニケーションズ」をはじめ、バレーボールやフットサルなどで、その人を中心とする輪がたくさん生まれています。

     

    そして新しい展開

    この日の最後の挨拶において、「らんらんCafe」が期間限定ではなく、8月以降も続くという方針が発表されました。「パーソンセンタード」な人の輪が広がる地域に、またひとつ新しいカフェが誕生します。今後の活動に期待が高まりますね。

     

     

     

     

     

     

     

     

    「らんらんCafe」

    開催日時:2018年8月毎週土曜、9:00-11:00

    開催場所:横須賀市浦賀1-8-3 Cool Clan Cafe Uraga

    問い合わせ:090-4623-2226

    AD3



    ブログ内検索

    AD1

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    AD2