春日井市「てとりんハウス」参加レポート

0

     

    春日井市のてとりんハウスは常設型カフェのパイオニアです。

    2014年のオープン以来、定休日の月曜と第3土曜を除くほぼ毎日、

    朝7時30分から開店するという驚くべき経営を続けてきました。

    実は筆者、約2年前に一度訪れているのですが、

    短い滞在時間ではその全貌を把握しきれず、今回の再訪までレポートを書けずにいました。

    そこで今回は名古屋駅前に前泊し、朝7時に春日井駅に到着するという気合いの入れようです。

     

     

    駅からてとりんハウスまでは徒歩15分ほど。

    開店前に到着したので、正面はまだシャッターが下りていました。

    そこで裏に回ってみると開店準備中の岩月万季代代表とばったり。

    世界一優しい姉貴・岩月さんから

    「やっと来たわねコンニャロメ」的な微笑みをいただき、中へ入れていただきました。

     

     

    これほど早い時間に開店するのは、

    名古屋圏特有のモーニング文化だけが理由ではありません。

    家族をデイサービスに送りだした直後のケアラーなど、

    朝の時間に来たい人、その時間にしか来られない人がいるからです。

    この日の朝も一人で来店し、朝食を摂りながら岩月さんと短い会話を交わし、

    静かに帰っていくケアラーの方の姿がありました。

    もともと家庭で介護にあたる女性たちのサークル活動から始まったNPO法人てとりんのみなさんは、

    そのような介護者の事情をよく理解しています。

     

     

    杵と臼をどこからか借りてきたという岩月さん。

    週末に餅つきをやろうと言い出し、カフェ内でスタッフやお客さんに協力を呼びかけます。

    そこで杵と臼以外の、お釜や蒸篭などの必要な道具、

    燃料としての薪やそれを割るためのナタを誰から借りればいいか作戦会議が始まります。

    ご近所さんがあれを持っていたと聞けば、すぐその場で電話をかけ、

    みるみる道具が揃っていきました。

    てとりんの活動が、地域のみなさんと「顔の見える関係」を築いていることがよくわかる場面でした。

     

     

    てとりんハウスでは、数多くのイベントも行われます。

    2017年12月にはアロマ、家計相談、絵手紙、歌声喫茶、健康相談、

    郷土史、フラワーアレンジメント、ケアプラン相談、鍼灸、色鉛筆、書道、

    スキントリートメント、メイクなどの各種教室が開催されました。

    新しいものについてはボランティアやお客さんから「やりたい」と提案されるそうですが、

    岩月さんは基本的に反対しないそうです。

    なぜなら地域の人々が必要としているものを、自分たちの好みだけで判断できないからとのこと。

    一人でも多くの人に、てとりんハウスに愛着を持ってもらうためには、

    それぞれのやり方で関わってもらうことが大切といいます。

     

     

    春日井市は、てとりんハウスの活動をベンチマークにして、

    常設型の認知症カフェを増やそうとしています。

    それが「かすがいおれんじプラスカフェ」という取組みで、

    地域の喫茶店や和菓子屋さんを、

    認知症の人や家族が気兼ねなく立ち寄れる場所として整備・登録しています。

    現在約10カ所ある協力店舗網の中核に、てとりんハウスも位置付けられており、

    全国的に見ても今後が楽しみになる独創的な政策のひとつです。

     

     

    2016年1月から、NPO法人てとりんは新たに

    農園付きのデイサービス「てとりん村」の運営を開始しました。

    デイ事業者がカフェを行うことはよくありますが、

    カフェから介護保険サービスに展開するというのはなかなか例がありません。

    小回りのきくカフェでノウハウを蓄積し、保険サービスに生かすという新しい挑戦です。

     

     

    転石苔むさず、という言葉があります。

    介護サークルから始まったてとりんハウスの活動は、

    介護者支援という本来のミッションを成し遂げるため、

    不動の信念を貫きながら進化を続けています。

     

     

     

    「家族介護者支援センター・ケアラーズ&認知症カフェ てとりんハウス」

    開催場所:春日井市篠木町2-1281-1 ポプラハウス1階

    開催日時:毎週火曜から日曜(定休日:月曜・第3土曜)、7時30分から16時

    参加費:実費

    連絡先:0568-41-8844

    AD3


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    ブログ内検索

    AD1

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    AD2