千葉市稲毛区「メモリーカフェ」参加レポート

0

    千葉市・JR稲毛駅近くのクリニックで開催されている認知症カフェをご紹介します。

    会場となるのは稲毛神経内科・メモリークリニック。

    国立病院機構・千葉東病院の神経内科医長だった吉山容正医師が

    2016年7月に開院された、まだ新しいクリニックです。

     

     

    「メモリーカフェ」はクリニックの待合室を利用して行われます。

    居心地の良い場所になるよう設計の段階から考えられたそうで、

    吹き抜けの高い天井と、大きく作られた窓により開放的な雰囲気になっています。

    カフェの運営には看護師や臨床心理士などスタッフのみなさんがあたります。

     

     

    14時開始ということで5分前くらいに到着したのですが

    すでに参加者は勢揃いで、おしゃべりに盛り上がっていました。

    どうやらみなさんカフェが楽しみで待ちきれなかった様子です。

     

     

    第3回目の開催から、カフェは事前予約制となり人数は20名までとされました。

    その前まではクリニックの待合室に収まりきらないほどの参加者があったとのことで、

    ひとりひとりとゆっくりお話をするための判断だそうです。

     

     

    参加していたご夫婦にお話をうかがいましたが、

    おふたりとも院長の吉山先生への信頼感を大変強くお持ちで、

    特に当事者であるご主人が涙ながらに先生との思い出を語られたのは印象的でした。

    また、奥様はスタッフの普段からの心遣いにも触れ、

    なかでも季節感を上手に出した室内装飾について感激されており、

    スタッフのみなさんもよく見てくださっていることに驚いていた様子でした。

     

     

    開始から1時間を過ぎたあたりでアクティビティがはじまり、

    今回は6人づつで詩の連作に挑戦しました。

    まず自分が一行書いて、その紙を右隣の人に回し、

    自分のもとにはまた左隣の人から次の紙が回ってくるという次第です。

    書く時は隣の人が書いた部分しか読めず、

    出来上がった時にその偶然性を楽しむという趣向でした。

    言葉が出にくくなっている人にも配慮のある運営で、とても盛り上がりました。

     

     

    クリニックでは平日の午後にも、個別カフェ的な取り組みを行っています。

    こちらも予約が必要ですが、少人数でお話をしたいという方にはお勧めします。

    信頼すべき医師・スタッフとの出会いは、まずはカフェから。

    そんな素敵な取り組みが始まっています。

     

     

    「メモリーカフェ」

    開催日時:毎月第1土曜(変更あり)、14時から16時

    開催場所:千葉市稲毛区小仲台6-23-9 稲毛神経内科・メモリークリニック

    参加費:500円

    問い合わせ:043-307-8500(稲毛神経内科・メモリークリニック)

     

    稲毛神経内科・メモリークリニック

    http://www.inagememory.jp/

    AD3


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    ブログ内検索

    AD1

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    AD2