目黒区「Dカフェ・さんま」参加レポート

0

    今回ご紹介する「Dカフェさんま」は、
    JRの車窓からも見える厚生中央病院を会場として、
    毎月第3金曜に開催されています。

     

     

    なぜ「さんま」かと問われれば、落語「目黒のさんま」由来でしょうね(推測)。
    厚生中央病院の広報誌も「さんま」というネーミングになっていて、
    大きな病院ですがこういうところは親しみやすい雰囲気もあります。

     

     

    ロビーに入るとカフェ開催日を示すのぼりが出ています。
    会場は3階になるので正面奥にあるエレベーターで上がりましょう。
    ちなみに目の前にあるエスカレーターでは2階までしか上がれません。

     

     

    開始時刻になり、入室すると、まずはカフェの部屋に通されます。
    15分ほどすると、となりの部屋でミニレクチャーが始まります。

    この日は「訪問看護」について実際の看護師さんがお話されました。
    30分ほどのお話と、質疑応答があり、小一時間という内容。
    これは「座・さんま塾」と呼ばれています。

     

     

    「座・さんま塾」の間でもとなりの部屋ではカフェがオープンしており、
    レクチャーを受講しない人にも居場所があります。
    Dカフェはすべてのシリーズで必ず「逃げ場」が考えられており、
    様々な参加者を想定した、配慮ある取り組み方をしていることがわかります。

     

     

    東京医療センターでの「Dカフェ東が丘」とこちらの「さんま」には
    地元の訪問マッサージ「なごみ治療院」さんがブースを構えており、
    無料で施術を受けることができます。
    こうやって顔が見える関係ができていると、
    いざという時にもお願いしやすいですね。

     

     


    「Dカフェさんま」
    開催日時:第3金曜、14時から16時まで
    開催場所:目黒区三田1-11-7 厚生中央病院3階
    参加費:300円
    問い合わせ:03-3719-5592

     

    Dカフェ・ホームページ

    http://d-cafe.kazekusa.jp/

     

    なごみ治療院

    http://www.nagomi-rehabilimassage.com/

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    ブログ内検索

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM