横浜市栄区「桂台カフェ」参加レポート

0

    横浜市の南西部、栄区桂台地区は40年ほど前に造成された住宅地。

    一戸建ての多い上品なエリアですが最近ではかなり高齢化率も高いそうです。

    今回は桂台地域包括支援センター(ケアプラザ)で開催されている

    「桂台カフェ」に参加させていただきました。


     

    午前10時ごろ、参加者がバスや職員の送迎で集合してきます。

    ゆっくりと室内に移動し30分ほどお茶を飲んであいさつが済むと

    花壇が綺麗だということでみんなで散策に出ました。

     

     

    ケアプラザの庭と外周を、花を楽しみながら歩き、

    そのまま少し遠くの桂山公園まで行くことになりました。

    出発する際にはそう決まってはいませんでしたが、

    参加者の意欲を見ながら決めているようでした。

     

     

    公園では藤棚が作る日陰で一休み。

    ここで同じ法人が運営する障害者施設から来た方々と一緒になりました。

     

     

    1時間ほどの散歩からケアプラザに戻ってくると、

    ボランティアの皆さんが用意してくれた食事の準備がはじまります。

    食事の前に唾液が出るよう発声を伴う体操が行われていました。

     

     

    メニューの説明があり食事が始まります。

    食事の時間は小一時間取られており、ゆっくりと会話しながら進みます。

    「食事を共にすることで『家族』のようになれる」

    とケアプラザ所長の石塚さんがおっしゃっていたのが印象的です。

     

     

    食事の後は当事者の方を中心にカラオケを楽しみました。

    なかでも普段家ではほとんど発話がなくなっているという男性当事者の方が、

    マイクを持って歌いだした様子に奥様が感激していました。

     

     

    当事者の方が別室で楽しんでいる間、ご家族同士でお話が持たれていました。

    そこにケアプラザ職員も入り相談が行われていたようです。

    終了予定時刻の15時を前に再び全員が一部屋に集まり、

    今後の予定などを確認して解散となりました。

     

     

    「桂台カフェ」で大変示唆的に感じたのは

    当事者の方の様子を見ながら進行を考えていくやり方です。

    靴の履き替えでも、移動でも、食事でも、

    すべてにおいて当事者の方に配慮したスピードが徹底されていました。

    その上でカフェの運営には確固とした方向性(ベクトル)が存在するので、

    「合理的な速度感」と表現できるものなのではないかと思います。

     

    桂台地域ケアプラザを運営委託されている「訪問の家」は

    重症心身障害児者ケアのパイオニアとして知られる社会福祉法人です。

    その高齢者ケアの取り組みの各所にも、

    豊かな経験から引き継がれたものがあるように感じました。

     

     

     

    「桂台カフェ」

    開催日時:第1日曜 10時から15時

    開催場所:横浜市栄区桂台中4-5 横浜市桂台地域ケアプラザ

    参加費:300円(ランチ付き)

    連絡先:045-897-1111

    AD3


    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2018/09/03 2:27 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    ブログ内検索

    AD1

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    AD2