千代田区「きのこカフェ」参加レポート

0

     

    地下鉄・半蔵門駅の真上という屈指の好立地にある

    常設型の認知症カフェ「きのこカフェ」に行ってまいりました。

     

     

    営業時間は平日の14時から16時、

    そして土曜・祝日の11時から16時まで、

    千代田区の多機能型複合施設「ジロール麹町」の

    地域交流スペースで開催されています。

     

     

    そしてこの「ジロール麹町」は、

    まだ認知症患者の過鎮静が普通であった時代に、

    身体拘束をやめ、歩きたいだけ歩ける回廊式廊下を設置するなど

    先駆的な取り組みで知られる(その回廊式をいち早く取りやめたことでも知られる)

    岡山県のきのこエスポアール病院の系列施設です。

    だから「きのこカフェ」「ジロール麹町」(ジロール茸に由来)なのですね。

     

     

    「きのこカフェ」では特別なアクティビティを行うのではなく、

    地域の皆さんが相談のために立ち寄れる場所として運営されています。

    予約不要なのでカフェスタッフ(介護職)にお願いすれば

    奥の扉でつながっている「ジロール麹町」から適任のスタッフが来てくれるそうです。

     

     

    「きのこカフェ」では全国の障害者施設などで作られる商品を仕入れて

    アンテナショップのように販売しているコーナーがあります。

    いずれも各地の特産品を生かした評判の良い品物ばかりなので、

    認知症には今のところ縁のない方でも、

    こちらを目当てに立ち寄ってみるのもおすすめです。

     

     

     

     

    「きのこカフェ」

    開催日時:平日14時から16時まで、土祝11時から16時まで(日曜休み)

    開催場所:東京都千代田区麹町2-14-3

    問い合わせ:03-3222-8750


    コメント
    コメントする








       

    ブログ内検索

    books

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM