目黒区「Dカフェ・せらぴあ」参加レポート

0

     

    目黒区の三宿病院で開催される「Dカフェせらぴあ」に参加してきました。
    三宿病院は目黒区における地域連携型認知症疾患治療センターでもあり、
    2016年5月より認知症カフェの取り組みを開始しました。

     

     

    カフェ運営の中心となって活躍するのは三宿病院の若手スタッフの皆さん。
    理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)といった「セラピスト」が
    毎回アイデアを持ち寄るので「せらぴあ」という名称になったのだとか。

     

     

    今回はバレンタインデーにちなみ、
    「効きチョコレート」という楽しみを用意されていました。
    カカオ含有量の高い順にチョコレートを並べ替えるというゲームです。

     

     

    最も含有量の高い95%のチョコは、
    大変苦く、飲み物がないとつらいほど。
    でも良薬は口に苦し、というので体には良さそうな気持ちになります。

     

     

    他にもチョコレートフォンデュが振る舞われるなど、楽しいアイデアがこらされており、
    運営スタッフの若さを感じました。

     

     

    明るく楽しい「Dカフェ・せらぴあ」は毎月第2木曜開催。
    認知症について学ぶことも相談することもできる、すてきな場所です。

     

     

    「Dカフェ・せらぴあ」
    開催日時:第2金曜 14時〜16時
    開催場所:目黒区上目黒5丁目33番12号 三宿病院
    参加費:300円
    問い合わせ:03-3719-5592(Dカフェnet )

    HP:http://d-cafe.kazekusa.jp/



    ブログ内検索

    books

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM