横浜市都筑区「ふれあい大棚認知症予防カフェ」参加レポート

0

    横浜市都筑区といえば大型商業施設やマンションが立ち並ぶ風景を思い浮かべますが、

    まだまだ古くからの住宅地が数多く残っており、今回の大棚地区もそんなエリアになります。

    ニュータウン地区と異なり、新しい住人がなかなか増えないので、高齢化率も高いそうです。

     

     

    「ふれあい大棚カフェ」は大棚町内会と大棚寿会(老人会)、民生委員や

    各福祉専門職のみなさんが運営委員会を作って開催しています。

    会場となるのは大棚公民館。玄関に掲げられた表札から、

    地元のみなさんの寄付で作られたことがでわかります。

     

     

    14 時少し前から参加者が集まりだします。ほとんどの人は徒歩でやってくるようですが、

    認知症当事者の奥様を連れてくる方は自家用車を使用し、

    敷地内にあるスペースに駐車しています。

     

     

    カフェは町内会役員の方の挨拶から始まります。

    この日は途中から都筑区長が視察に訪れるということもあり、

    少し緊張されているような気もしました。

     

     

    お茶が全員に回り、スタッフが参加者の近況の確認を終えた頃、

    専門職の方がインストラクターを務めるストレッチが始まります。

    ちょうどこのタイミングで区長が到着。一緒に体を動かしていました。

     

     

    次にふたりの看護師さんによる「認知症の人の気持ちと予防」と題した

    ミニレクチャーがありました。

    認知症は誰でもなりうること、現在のところ完全な予防法はないことなど、

    大事なポイントが押さえられたうえに、それぞれの体験談を交えながら

    認知症の正しい理解を求める素晴らしい内容でした。

     

     

    合間にカフェタイムを挟みながら、最後はみんなで「大棚の歌」を歌って終わります。

    一種の替え歌 ですが、町内会のどなたかが作ったそうで、みんなで歌って盛り上がります。

     

     

    カフェの最後に印象的な場面がありました。

    一人の高齢者が部屋の隅に集まっていたスタッフに近づき、

    自分が認知症と診断されていること、今まで言っていなかったが

    何回か参加してそのことを明かしてもいいと思ったこと、を伝えてきたのです。

    認知症であることを明かさないまま、当事者の方がカフェに参加しているということは、

    いつでもどこでもありうることです。

    そんな方が自分のことを話そうと思えるカフェ、

    というのは本当に良い雰囲気を作れているのでしょう。

     

    「ふれあい大棚」のみなさんは「認知症予防カフェ」というネーミングが、

    場合によっては認知症への誤解を強める恐れがあることを承知しています。

    しかし「認知症カフェ」では参加しにくい人がいるという事情を考慮して現在はあえて使っており、

    いずれは「予防」から「理解」へ段階を進めていきたいとおっしゃっていました。

     

    当ブログではこれまで「認知症予防カフェ」について取り上げていませんでしたが、

    主催者の方のお考えや、内容に応じて対応していこうと思います。

     

     

     

    「ふれあい大棚認知症予防カフェ」

    開催日時:原則毎月25日、14時から15時30分

    開催場所:横浜市都筑区大棚町477大棚町公民館

    参加費:100円
    問い合わせ:045-500-9321(中川地域ケアプラザ)


    藤沢市「湘南オレンジカフェ」参加レポート

    0

      今回はツイッターでつながっている「認知症フレンドリーよこすか」さんから情報をいただき、

      藤沢市の湘南オレンジカフェに参加させていただきました。

       

       

      会場は小田急線・片瀬江ノ島駅から徒歩3分以内のおしゃれなカフェバー「Natural Law」。

      プロサーファーでもある大野裕史オーナーが、

      環境と健康に優しい食材を用いて美味しい料理を提供しているお店です。

      認知症カフェだけでなく、普段からヨガや子育てをテーマにしたイベントも開かれているそうです。

       

       

      18時を過ぎるとみなさんゆるゆると集まりだします。平日夜の開催ということもあり、

      仕事の都合も考慮されているようで、あとからでも参加しやすい雰囲気です。

      近くに座った人同士で自然と自己紹介が行われますが、驚いたことに藤沢市だけでなく、

      横須賀市、逗子市、鎌倉市、平塚市、大和市など、かなりの広域から参加者がありました。

      これは主催者の内門大丈医師や大野オーナーらが続けてきた「湘南健康大学」という取り組みが、

      普段からこの地域の皆さんをつなげるような紐帯を生み出しているということかと想像します。

       

       

      この日のゲストトーカーはかまくら認知症ネットワークの稲田秀樹代表。

      長年にわたる先駆的な活動についてわかりやすく説明していただき、

      これからの展望についても熱く語っていただきました。

      他市からの参加者は大いに刺激を受けていたようです。

      なお稲田さんとギターデュオ「ヒデ2」を結成する近藤英男さんもいらしていましたが、

      ギターを持ってきていないということで歌の披露はありませんでした。また今度の楽しみにしたいと思います。

       

       

      稲田さんのお話しを聞きながら夕ごはんが提供され、この日はチキンカレーをいただきました。

      ほろほろになるまで煮込まれた柔らかい鶏肉に、ルウがよくからみ、スパイシーでとても美味しかったです。

       

       

      会の後半はお酒を飲みながら深まっていきます。ちょうどRUN伴の準備時期でもあり、

      三浦半島、逗子・鎌倉地域ごとに目標を宣言しあい大いに盛り上がりました。

      「江ノ電をオレンジに」「京急にオレンジの車体を」といったアイデアの応酬もありましたが、

      もしかしたら実現するかもしれません。

       

      今回のオレンジカフェには複数の市から政治・行政当事者の参加がありました。

      誰でも忌憚なく情報交換ができるということは、このようなインフォーマルな場の良さですね。

       

       

       

       

      「湘南オレンジカフェ」

      【参加には事前に申し込みが必要です】

      shonankenkoudaigaku@gmail.comまでご連絡ください

       

      開催日時:原則毎月21日(要確認)、18時受付開始

      開催場所:藤沢市片瀬海岸2-15-17 モシール片瀬海岸 1-D Natural Law

      参加費:2000円(夕食代込み)

      問い合わせ:0466-51-4664

       

       

      「Natural Law」

      http://www.natural-law.jp/

       

      「湘南健康大学」

      http://shonankenkoudaigaku.com/index.html


      『オオカミの護符』と土橋カフェ

      0

         町内会が主催し、毎回何十人もの参加者があるという、全国的にも有名な認知症カフェ「土橋カフェ」について調べているうちに、この本と出会いました。

         

        小倉美惠子著『オオカミの護符』新潮社

        ※画像をクリックするとAmazonのページに飛びます

         

         本書は「講」について書かれたドキュメンタリーです。「講」とは、かつて日本の津々浦々に存在した宗教結社のことで、大規模なものとしては各地に富士塚を残した「富士講」、爆発的なお蔭参りブームを生み出した「伊勢講」、夜通し行われた「庚申講」などが知られます。そして本書で取り上げられるのは奥多摩の御岳山を信仰の対象とする「御嶽講」です。
         著者である小倉美惠子は、川崎の旧家である自身の実家に貼られていた「犬」の絵の呪符に関心を持ち、調査をはじめました。そしてその謎の呪符が「御嶽講」と関係があることがわかると、小倉はいまだに集落で続いていた講の場に動画のカメラを携えて列席します。本書は、小倉がプロデューサーとして手がけた同名の映画作品『オオカミの護符』を製作していく過程を記した書籍でもあります。奥多摩、秩父への時空を飛び越えるような旅を経て、東京という街の地層の下に眠る「武蔵国」を発掘していくような読書体験は、かつて多摩地区に暮らした者のひとりとして大変エキサイティングでした。
         小倉美惠子が列席した「御嶽講」の行われている場所こそ、川崎市宮前区の土橋会館であり「土橋カフェ」の開催場所でもあります。実は土橋町内会誌によると、この土橋会館の建つ土地はかつて神社があった場所(明治時代に現在の土橋神社に習合された)なのだそうです。土橋会館に小さな神輿が置かれているのも、御嶽講などの行事が行われているのも、そうした由来によると想像されます。大盛況の認知症カフェとして「土橋カフェ」が新聞やテレビで取り上げられる際、町内会が主催していることに触れることがあっても、その町内会が江戸時代以前からの共同体の文化(土橋会館の目の前からは縄文後期の遺跡が出ている)を継承していることはほとんど知られていません。
         「土橋カフェ」という成功例が示唆するのは、神社の氏子集団やお寺の檀家集団や様々な伝統行事に関する団体でも適切にアップデートされれば、地域包括ケアシステムの構成要員して組み込むことが可能であり有効であるということだと思います。そういった可能性を考え、伝えていくのも自分のようなフリーランスの役割かなと感じています。

         


        「土橋カフェ」

        開催日時:第1水曜、13時30分から16時30分

        開催場所:川崎市宮前区土橋2-13-2 土橋会館

         



        ブログ内検索

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM