認知症カフェコラムの執筆について

0

     

    このたび東京都江東区で製作される季刊誌「認知症カフェ・マガジン『みんなのカフェ』」が創刊され、その第1号に「ニッポン認知症カフェ探訪記」という記事を執筆させていただきました。本誌では江東区内のカフェを紹介するため、わたくしは全国そのほかの地区にあるカフェを紹介するという役割です。第1号では川崎市「土橋カフェ」を取り上げました。特別に複写のお許しをいただいたので、こちらに記事の画像を掲載させていただきます。中心となって製作に当たられたNPO法人・深川長屋のみなさまに、あらためて御礼申し上げます。

     

    コスガ聡一 拝

     

     


    『ようこそ、認知症カフェへ 未来をつくる地域包括ケアのかたち』ご紹介

    0

      ようこそ、認知症カフェへ:未来をつくる地域包括ケアのかたち

      (ミネルヴァ書房、2017年5月15日刊行)

       

      2015年に認知症カフェ開設・運営の手引き書として

      『認知症カフェハンドブック』(クリエイツかもがわ)を書かれた
      医師の武地一先生が、このたび新しい本を出されます。

       

      今回の書籍においては当ブログ案内人のコスガ聡一が

      フォトグラファーとして表紙写真を担当し、
      そのご縁で刊行日より早く手にする機会を得ましたので、

      ちょっとだけ内容をご紹介します。

       

      新著『ようこそ認知症カフェへ』は、前著を踏まえ、
      認知症カフェ運営における第2段階の課題である
      「人材育成」について多くの頁を割かれています。
      いわば認知症カフェのキャリアアップ虎の巻。
      参加者をボランティアに、ボランティアをスタッフに、
      そしてスタッフをコーディネーターの力量にまで引き上げるべく、
      必要な知識や考え方が丁寧に紹介されています。


      これからは地域の人々の手で開設・運営される認知症カフェが増え、
      そのスタッフが医療・介護職と対話できるようになることで
      認知症カフェが地域包括ケアシステムの最重要の鍵となる、
      というグランドデザインを武地先生は示しておられるように感じます。
      それは日本独自の、世界のどこにもない地域システムのイメージかもしれません。


      本書は医療用語や思想の理解まで求めるような決して甘くない内容ですが、
      考え方を変えると、ここまで学べば医師や専門職と十全にコミュニケートできる
      という水準を示してくださっているとも言えます。
      ぜひ現在認知症カフェに参加されている皆さん、
      あるいはこれから参加を考えている皆さんには
      読んでいただきたいと思います。
      特に第2章は勉強会テキストとしてそのまま使える内容ですので

      グループ学習のような場で読み込んでみるのおすすめします。

       

       


      デザイン変更について

      0

        今月よりブログデザインを変更し、
        『姉小路界隈まちあるきマップ』など関西を中心に活躍する
        イラストレーター・エヌ村ナマコさんに扉絵を描いていただきました。

         


        エヌ村さんには認知症カフェのコンセプトをよく理解していただき、
        暖かく楽しげな絵にしていただきました。
        あらためて御礼申し上げます。

         

        案内人・コスガ聡一



        ブログ内検索

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM