加西市「絆カフェ みんなで晩ごはん」参加レポート

0

    兵庫県加西市の「絆カフェ みんなで晩ごはん」は、

    その名の通り、月に一度、夜に集まって晩ごはんを共にするカフェです。

    会場となるのは「いまここハウス」という一軒家で、

    空き家となっていた立派な建物を、ゲストハウスなどに使えるようにした場所です。

     

     

    「絆カフェ みんなで晩ごはん」がユニークなのはその経緯です。

    もともと2015年に始まった時は昼のカフェでした。

    地区内唯一の介護事業所・小規模多機能型居宅介護「どっこいしょ」が行政との窓口を勤め、

    県の開設補助金などを使って始まった、いわば普通のカフェだったと言えます。

     

     

    しかし参加者が伸び悩み、次第に地区の人々からも継続に疑問の声が上がります。

    理由として考えられるのは、先行して開催されていたサロン活動との違いが分かりにくかったことや、

    「認知症」というワードを受け止めきれない住民感情などもあったかもしれない、

    と地域の人々は振り返ります。

     

     

    カフェの中心メンバーは議論を重ね、地域として向き合うべき課題を、

    一人暮らしの方々(高齢者だけでなく独身男性も含む)の「食事」であると考えるようになりました。

    そこで昼のカフェから晩ごはんを共にする場への転換に動きます。

     

     

    この転換は、結果的に地域の事情にも合致することになりました。

    農林業に従事する人々の多いエリアでは、70歳を過ぎても現役で仕事をしている人が多く、

    昼より夜の集まりの方が参加しやすいのです。

    作業着を着替えてカフェに行くなんてできないよ、というわけです。

     

     

    18時の開始に先立ち、公共施設の大きなキッチンを使って、

    地区の女性たちがその日のメニューを調理します。

    その中には「どっこいしょ」利用者のみなさんも加わりますが、

    お年のせいか、慣れない厨房のせいか、失敗することもあるとか。

    それでも「ま、いいか」と、笑って済ます余裕も大事とのことです。

     

     

    2時間くらいかけて、老若男女が場を共にする食事の時間は楽しく過ぎていきます。

    地域で暮らす初期認知症の方たちも、特別扱いされることなく会話に参加します。

     

     

    その後、年配者らが帰宅すると、そこから若者たちの時間になります。

    介護・医療職の人たちや、地域おこし協力隊の任を受けてこの地区に暮らす人たちが笑い合いながら、

    ときに熱い思いをぶつけ合う様子は、本当に楽しそうでした。

     

     

    地域の事情を深く洞察することで、

    認知症カフェをより良いものにできるという「絆カフェ みんなで晩ごはん」の実績は、

    すべてのカフェ関係者にとって大切なメッセージがあると思います。

     

     

    「絆カフェ みんなで晩ごはん」

    開催日時:第2火曜、18時ごろから

    開催場所:加西市若井町2712 いまココHOUSE

    参加費:500円

    連絡先:0794-44-8010(小規模多機能型居宅介護事業所どっこいしょ)


    神戸市須磨区「TRUE JOE」参加レポート

    0

      神戸市須磨区に隠れ家のような小さなビアバーがあります。

      営業するのは金曜と土曜のみ。

      これまでは金曜昼の営業を「認知症カフェ」としていました。

       

       

      店のオーナーにして訪問看護ステーションなどの経営者・白井一石さんによると、

      これまではカウンターに看護師資格を持つスタッフを配置し

      いつでも相談を受けられる体制だったそうなのですが、

      今年の夏以降はそうでなくなったため「認知症カフェ」の看板を下ろしたといいます。

       

       

      しかしお店は、もともと隣の病院に入院中の人々がコーヒーを飲みにやってくるなど、

      いろいろな事情を持った人が集えるように作られています。

       

       

      もちろん今でも認知症の方が来てくれてもいい、と白井さんやスタッフの方が言うので、

      『全国認知症カフェon the WEB』としてはここ「TRUE JOE」を

      「現在でも認知症カフェである」ということにしようと思います。

       

       

      さて「JOE」とはコーヒーの隠語だそうで、

      もともとはこだわりのコーヒーショップだったそうです。

      なるほど注文を受けてからドリップして出されるコーヒーは

      まろやかで香りが高く、大変おいしくいただきました。

       

       

      金曜の夜と土曜の夜は地域の方たちも集まって

      ビール片手に音楽談義などで盛り上がるそうです。

      もしいつか自分が認知症になったとき、

      こんなスタイリッシュな遊び場と友人たちが近くにいてくれたら、

      どんなに勇気づけられるだろうと思わずにはいられません。

       

       

      「TRUE JOE」

      開催日時:毎週金曜、13時から17時

      開催場所:神戸市須磨区飛松町5-1-2 ビアバー「TRUE JOE」

      問い合わせ:090-6061-0161


      たつの市「きりかぶカフェ(若年性認知症交流会)」現地レポート

      0

         

        認知症カフェの会場だけを訪れた際の「現地レポート」シリーズ。

        今回は兵庫県たつの市「きりかぶカフェ」の会場となる「日山ごはん」さんを訪れました。

        わずかな時間、お客さんとしてランチをいただいただけなので、情報が少なくて申し訳ありません。

         

         

        会場となる「日山ごはん」は障害者支援に取り組む「NPOいねいぶる」が手がけるカフェレストランです。

        以前は古民家でやっていたそうですが、最近市役所に近いビルに移転しました。

        一方で「きりかぶカフェ」も以前は本竜野駅にある「うめカフェ」が会場であったはずなので、

        双方の移転のタイミングが合ったのでしょうか。

         

         

        「きりかぶカフェ」について店員さんに聞いてみたところ、

        普通にいつものメニューからランチや飲み物をオーダーして会話を楽しむカフェであるようです。

         

         

        ご覧の通り、とてもお洒落で居心地の良いお店です

        (本当はもっと広いのですが、他のお客さんがいたのでカメラを向けませんでした)。

        「うめカフェ」もそうでしたが、「きりかぶ」のみなさんは場所選びが上手いですね。

         

         

        写真の日山定食(日替わり)はこの質と量で500円。

        次々と来客があったので早くも人気店になっているようです。

        こんな素敵なお店が近くにあるたつのの皆さんが羨ましいです。

         

         

         

        「きりかぶカフェ(若年性認知症交流会)」
        開催日時:第4木曜、13時30分から15時まで
        開催場所:兵庫県たつの市富永1005-35 日山ごはん
        問い合わせ:0791-64-3197(たつの市地域包括支援課)



        ブログ内検索

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM