神戸市須磨区「TRUE JOE」参加レポート

0

    神戸市須磨区に隠れ家のような小さなビアバーがあります。

    営業するのは金曜と土曜のみ。

    これまでは金曜昼の営業を「認知症カフェ」としていました。

     

     

    店のオーナーにして訪問看護ステーションなどの経営者・白井一石さんによると、

    これまではカウンターに看護師資格を持つスタッフを配置し

    いつでも相談を受けられる体制だったそうなのですが、

    今年の夏以降はそうでなくなったため「認知症カフェ」の看板を下ろしたといいます。

     

     

    しかしお店は、もともと隣の病院に入院中の人々がコーヒーを飲みにやってくるなど、

    いろいろな事情を持った人が集えるように作られています。

     

     

    もちろん今でも認知症の方が来てくれてもいい、と白井さんやスタッフの方が言うので、

    『全国認知症カフェon the WEB』としてはここ「TRUE JOE」を

    「現在でも認知症カフェである」ということにしようと思います。

     

     

    さて「JOE」とはコーヒーの隠語だそうで、

    もともとはこだわりのコーヒーショップだったそうです。

    なるほど注文を受けてからドリップして出されるコーヒーは

    まろやかで香りが高く、大変おいしくいただきました。

     

     

    金曜の夜と土曜の夜は地域の方たちも集まって

    ビール片手に音楽談義などで盛り上がるそうです。

    もしいつか自分が認知症になったとき、

    こんなスタイリッシュな遊び場と友人たちが近くにいてくれたら、

    どんなに勇気づけられるだろうと思わずにはいられません。

     

     

    「TRUE JOE」

    開催日時:毎週金曜、13時から17時

    開催場所:神戸市須磨区飛松町5-1-2 ビアバー「TRUE JOE」

    問い合わせ:090-6061-0161


    たつの市「きりかぶカフェ(若年性認知症交流会)」現地レポート

    0

       

      認知症カフェの会場だけを訪れた際の「現地レポート」シリーズ。

      今回は兵庫県たつの市「きりかぶカフェ」の会場となる「日山ごはん」さんを訪れました。

      わずかな時間、お客さんとしてランチをいただいただけなので、情報が少なくて申し訳ありません。

       

       

      会場となる「日山ごはん」は障害者支援に取り組む「NPOいねいぶる」が手がけるカフェレストランです。

      以前は古民家でやっていたそうですが、最近市役所に近いビルに移転しました。

      一方で「きりかぶカフェ」も以前は本竜野駅にある「うめカフェ」が会場であったはずなので、

      双方の移転のタイミングが合ったのでしょうか。

       

       

      「きりかぶカフェ」について店員さんに聞いてみたところ、

      普通にいつものメニューからランチや飲み物をオーダーして会話を楽しむカフェであるようです。

       

       

      ご覧の通り、とてもお洒落で居心地の良いお店です

      (本当はもっと広いのですが、他のお客さんがいたのでカメラを向けませんでした)。

      「うめカフェ」もそうでしたが、「きりかぶ」のみなさんは場所選びが上手いですね。

       

       

      写真の日山定食(日替わり)はこの質と量で500円。

      次々と来客があったので早くも人気店になっているようです。

      こんな素敵なお店が近くにあるたつのの皆さんが羨ましいです。

       

       

       

      「きりかぶカフェ(若年性認知症交流会)」
      開催日時:第4木曜、13時30分から15時まで
      開催場所:兵庫県たつの市富永1005-35 日山ごはん
      問い合わせ:0791-64-3197(たつの市地域包括支援課)


      明石市「アオゾラカフェ」参加レポート

      0

         

        関西で用事ができたついでに、

        明石まで足を伸ばしてSweets café solaに行ってきました。

         

         

        こちらは社会福祉法人・博愛福祉会が所有する喫茶店です。

        オープンして2年目とのことですが、

        もともと居抜きだったため、なかなか渋く素敵な店構えです。

         

         

        この日は第3土曜で「アオゾラカフェ」の開催日でした。

        いつもの茶話会スタイルとは少し趣向を変えて、

        地域のボランティアグループ「はとの会」の皆さんが、

        ペープサートや絵本の読み聞かせなどを行いました。

         

         

        後半は同じグループ所属の言語聴覚士さんが

        嚥下と誤嚥性肺炎について、実演を交えながらミニレクチャー。

        ひとつのテーブルを囲んで活発な質疑応答がされました。

         

         

        法人職員であり本職パティシエでもある清水さんにお聞きしたところ、

        お店のおすすめは野菜のシフォンケーキだそうです。

        甜菜糖の優しい甘さが特徴で、野菜が苦手なお子さんでも

        よろこんで食べてくれるのだとか。

         

         

        住宅街の喫茶店でもあり、いつでも気軽に専門職と話しができる場所でもある

        Sweets café solaは、認知症カフェの理念を良く適えた取り組みといえます。

        こんないいお店は全国探してもなかなか無いので

        地域の皆さんはぜひ遠慮せずに普段使いしていただきたいですね。

         

         

         

        「アオゾラカフェ」

        開催日時:第3土曜、14時から16時まで

        開催場所:兵庫県明石市魚住町清水243-3第2梅田ハイツ 1階

        問い合わせ:078 -941- 5511

         

        Sweets café sola

        営業日:月曜から金曜

        営業時間:9時から17時

        定休日:土日(不定休あり)

        http://www.hakuaif.or.jp/facilities/sola.html



        ブログ内検索

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM